Feb23th

概要

正田守は、日本の医師・政治家。元広島県議会議員・広島市議会議員。1945年生まれ。

経歴

広島市佐伯区出身。広島大学医学部卒業後、広島逓信病院勤務を経て広島市西区に正田病院を開業。医師の傍ら、広島市議・広島県議を各1期歴任。その後、広島市長選に立候補した。その他、広島新聞社、西日本放送センターを経営し、福山市では学校法人梅園学園を経営した。山口市では、日本公務員学校の教員を務めた。
政界を退いた後も病院・診療所・特別養護老人ホームを経営し、病院・診療所は、福島県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、熊本県に40箇所余りを経営した。
また、萩女子短期大学(山口県萩市)の学長・理事長も務めた。

選挙活動

1979年4月 広島市議会議員に当選。34歳。無所属 = 新自由クラブ推薦。
1983年4月 広島県議会議員(広島市東区)に当選。38歳。無所属。
1987年2月 広島市長に落選。42歳。無所属 = 自民党党籍証明。
1991年2月 広島市長に落選。46歳。無所属。

広島大学

広島大学(ひろしまだいがく、英語: Hiroshima University)は、広島県東広島市鏡山1丁目3-2に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は広大(ひろだい)。
文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。

概観

大学全体
広島大学は、旧制広島文理科大学をはじめ広島地区に所在していた官立(国立)の7校を包括、さらに広島市立の1校を併合して、1949年に新制大学として設置された。2004年4月に国立大学法人化、2006年4月には全部局の大学院講座化(大学院部局化)完了を経て、現在では11の学部と11の研究科を設置した大学院大学となっている。
略称としては前述の通り「広大」(ひろだい)が用いられることが多い。ただし、「ひろだい」の呼称が通用するのは中・四国地方を中心とした西日本に限られることが多く、東日本では弘前大学を指す場合が多い。

教育理念・目標等
建学の精神(1949年制定)
・自由で平和な一つの大学

理念5原則(1995年制定)
・平和を希求する精神
・新たなる知の創造
・豊かな人間性を培う教育
・地域社会・国際社会との共存
・絶えざる自己変革

到達目標(2001年制定)
・世界トップレベルの特色ある総合研究大学

キャッチフレーズ(2008年改定)
・『学問は、最高の遊びである。』

学士課程教育の特色
2006年度以降の学部入学生には、Hiroshima-university PROgram of SPecified EduCaTion and Study(通称HiPROSPECTS)という教育プログラムが到達目標型の教育システムとして導入され、成績評価も従来の優・良・可・不可に加え秀が導入された。